日常に運動を取り入れて冷え性を改善!

体力があまり無かったり、身体のだるさに負けてしまって『運動はあんまり好きじゃない……』と溜息まじりにつぶやく人が冷え性さんには多いようです。私も例にもれずそうでした。特に冬なんて冬眠したいくらに寒がりな人でしたからコタツにもぐりこんでしまってトイレに行くのに動くのさえ億劫な程だったのです。ですが、冷え性がひどくなっていきこれは何とかしなければと思い数年前に一念発起しました。

冷え性に関して調べてみると、やっぱり改善するためには筋肉がとても重要なのです。運動することで筋肉に熱が生まれて身体を温めてくれます。運動と筋肉量が不足したままではいつまでも冷え性は改善できませんし、あまりにも運動が不足すると筋肉がかたくなってしまい、ますます血行が悪くなってしまうのです。やっぱり冷え性を改善したい友人とダイエットをしたい友人を巻き込んでひとつのDVDを購入しました。一時期大ブームになっていた某ブートキャンプのDVDです。

これを春から夏にかけての六ヶ月間続けた結果、今まで何をやっても痩せなかった下半身が引き締まりました。体力も運動神経もない私にはDVDとまったく同じ動きは無理でしたが、出来るところだけでも続けていたところ筋肉量がぐんと増えたのです。一緒にやっていた友人は私より体力のない冷え性さんだったのですが顔色がつやつやと良くなり、夜の冷えがずいぶんと楽になったと喜んでいました。やはり冷え性改善に筋肉は必要なのです。

とは言っても皆さんが私のように極端なことをする必要はありません。日常のなかで簡単な運動をするだけでも十分な効果はあるのです。まずは歩くことから始めてみましょう。通勤を徒歩にしてみたり、エレベーターやエスカレーターではなくて階段を利用するようにするだけでも良いのです。出来るだけ速足で、2回息を吐き2回吸うというリズムで呼吸をしながら歩きましょう。自転車を利用するのも良いですね。風を切って風景を楽しんで走ればストレス解消にもなります。

また家事だってかなりの運動になります。ぞうきんがけを両手を使って力を入れて行えば部屋も綺麗になり一石二鳥です。掃除機をかけるときにも腰を入れて筋肉を刺激するようにしてみてください。まとまった運動は億劫で苦手に感じてもこんな風に日常にこまめな動きを取り入れるのは気軽に続けられますね。慣れてきたら少しずつ運動量を増やしていきましょう。少しの動きでも続けていけばちゃんとした運動量となるのです。

仕事の合間に簡単なストレッチを行うのもオススメです。椅子に座ったまま両足の膝を伸ばしかかとを前の方に押し出すようにします。そのまま5秒くらいキープしましょう。運動に慣れていない冷え性さんは足がぷるぷるしてしまうけどそこは我慢です。ふくらはぎやつま先の血行が良くなって温まってきますよ。仕事中に社内を歩く時に背筋を伸ばして両足のつま先を上げてかかとだけで歩くのもむくみの解消となります。

Read More

冷え性お助けアイテム!優しい湯たんぽ!

今でこそ冷え性のせいで手足が冷えて夜眠れないこともある私ですが、子供の頃はそんなことはめったにありませんでした。手足は今と変わらず冷えていたのですが、一緒に眠っていた祖母が自分の足の間に挟んで温めてくれたのですね。またお風呂から上がってすぐお布団に入り込めばその熱が布団を温めてくれました。これも考えてみれば冷え性の私を気にして祖母がこまめにお布団を干してくれていたからだと今ならわかります。

お布団をこまめに干す、お風呂から入ったらすぐに眠るこれは冷えに負けずに快適な眠りにつく秘訣として今でも実行しています。だけど社会人になった今ではなかなかそうはいかない時も……。いつでもすぐに温かく眠れるアイテムはないかなあと探していた時にめぐりあったのが湯たんぽです。

冷えを凌ぐために、最初はお中元で貰った電気毛布を使おうとしていたのですが、やめました。理由は私がとても貧乏性なのとひどい乾燥肌であるためです。電気毛布はぽかぽかと温かくて心地よいのですが、今こうしている間にも電気代が加算されていっていると思うと、情けないことに落ち着いて眠れなくなってしまったのです。また、水分が取られてしまうせいか腰や背中が保湿クリームを塗ってもかゆくてたまらなくなってしまいました。

他に良いアイテムはないかなあ、とネットをさまよっていたらSNSで湯たんぽをおすすめしてくれた人がいらっしゃいました。北欧在住の方でした。湯たんぽならば寝る前にお湯をいれるだけで朝までずっと温かく、しかもその温かさがとても身体に優しいものだと詳しく説明してくださったのです。私の住んでいる地域とはくらべものにならない程寒い土地に住んでいらっしゃる方のオススメに私はすぐさま飛び付いてしまいました。

結果は大当たりでした。湯たんぽは眠る前に布団に入れておくだけで朝までしっかりと温めて熟睡を与えてくれたのです。肌も痒くならず、不快な寝汗もありませんでした。朝になっても温かいお湯は洗顔に使うことができました。エコだわ、と貧乏性の私はひとり悦に入ったものです。

湯たんぽは眠る1時間程前にお布団に入れておくのがおすすめです。そうすれば眠る頃には布団の全体が温まっています。お布団に入ったらしばらくはお腹に抱いておきましょう。身体の中心を温めれば自然と全身に温かい血が巡ります。この時、湯たんぽはカバーやタオルにしっかりとくるんで低温火傷を防いでください。

最近は湯たんぽにも色々な種類が出ています。小さなサイズのもありますので、仕事でデスクワークが多いい冷え性さんは膝掛けとともに太ももを温めましょう。足先の痛みや生理痛が楽になります。手が冷たいという人は、二の腕の裏に小さな湯たんぽをあてて温めると指先まで温かい血がめぐるようになります。

湯たんぽが今手元にないという人はホット用のペットボトルにお湯を入れて使ってみてください。栓をしっかりとしめることを忘れないでくださいね。湯たんぽよりは早く冷めてしまいますが寝つくまでの時間はちゃんと温めてくれますよ。

Read More

冷え性お助けアイテム!その名は生姜!

冷え性さんにとって生姜がものすごくありがたいものであるということはよく知られている話ですよね。生姜のなかに含まれているジンゲロールが滞りがちな血流を良くしてくれるからです。ちょっとだけすりおろして料理や飲み物に加えれば簡単に摂取出来ますし、本当に便利なお助けアイテムです。かく言う私も、毎日積極的に生姜を取り入れています。

冷え性にはよくあることなんですが、私はあまり汗をかかないしトイレの回数も少ない人でした。『会社のトイレって苦手だし便利でいいわ』なんて呑気なことを考えていたのですが、これが大間違い。汗をかきにくい、排尿の回数が少ないってことは老廃物の代謝が上手くいってないってことだったんです。

もし、私のような冷え性さんがいたら、ぜひ試してほしい飲み物があります。身体がポカポカして利尿作用もある『生姜紅茶』です。作り方は簡単。すった生姜と黒砂糖をお好みの分量カップに入れてそこに熱い紅茶を注ぐだけです。

私の場合ですがこの生姜紅茶を飲むと、少しして全身がポカポカしてきます。時には汗まで掻いちゃう時もあります。また紅茶の利尿作用のおかげで排泄の回数も増えました。会社ではちょっと困っちゃいますけど、まあ、健康の為には仕方ないかな~とも思っています。

冷え性改善のためには甘いものはなるたけ我慢しなければならないけれど、黒砂糖は身体を温めてくれるしミネラルも含まれているので、ここぞとばかりにたっぷりと入れて甘味を楽しんでいます。黒砂糖が苦手な人はハチミツでも大丈夫ですよ。朝に飲めば朝食の代わりにもなるので、特に冬の朝の定番の一杯となっています。時々は温めた豆乳とシナモンをくわえてチャイ風にしても美味しいです。

私は生の生姜をすったものを主に使っていますが、忙しい方はチューブのものでも良いと思います。また、最近、冷え性仲間から『乾燥生姜』というものも教えてもらいました。乾燥生姜とは名前の通り生姜を乾燥させたものです。なんでもこれが生の生姜を越す効果をもたらしてくれるそうなんです。

作り方はこちらも簡単。生姜をきれいに洗って薄くスライスし、日に干して乾燥させるだけです。屋外の天日ならば1日で、屋内で干すならば一週間程待ちましょう。
友人は屋内で作った時にちょっとカビさせてしまったそうなので、夏などの湿気の多い季節には気をつけて見ていた方がいいみたいです。

出来上がった乾燥生姜はビニール袋等に入れて冷暗所で1ヶ月程保存できます。この乾燥生姜は生の生姜とちょっと成分が違うそうです。乾燥させることによって身体を温めてくれる成分『ジンゲロール』の一部が『ショウガオール』というものに変化するのです。

ジンゲロールは主に身体の末端である手足の血管を拡張して血流を良くし温めてくれるのですが、ショウガオールは胃腸の血流を良くしてくれる、つまり、お腹のなかを温めてくれる成分です。ジンゲロールとショウガオールが両方入っている乾燥生姜は全身を温めてくれる力があるわけですね。

休日にまとめて作っておけば、毎日使えるし、外出時にも持ち出せます。出先のファーストフードで買った紅茶に乾燥生姜をひとかけ加えれば外でも生姜紅茶をで身体を温めることができます。気長に続けていかなきゃいけない冷え性改善生活にとても便利なアイテムですよね。

Read More

身体を冷やす食べ物温める食べ物

体質を改善して冷え性を直すには食生活がとても重要です。無理なダイエットをしたり不規則な食事をしていると栄養が不足して胃腸が弱り、血液に良くない影響があるからです。体内で『熱』をつくるのは肝臓で分解、代謝されたエネルギーでそれを全身に運んでくれるのは血流なのですから。

私も年季の入った冷え性ですので食べ物には気を付けています。冷え性にも色々なタイプがるので、細かく分析したら人によって必要な栄養素や食事の摂取量も変わってくるでしょうけど、共通しているのは『出来る限り身体を温める食べ物を取った方が良い』ということだと思うのです。

食べ物には身体を温める陽性のものと冷やす陰性のものがあるというのは漢方医学の考え方です。また、人間の体質にも陰性と陽性のものがあるとされています。冷え性の人の体質は陰性の場合が多い ので、陽性の食べ物を多く取って体内のバランスを整えるのが大事です。

具体的に言うと陽性のものは大体黒か赤っぽい暖色系、原産地が北方で土の中に出来るものが多いのです。反対に陰性のものは白っぽいか緑色のものが多く原産地は南方、土の上に出来るものが多いとされています。代表的なものでは陽は黒砂糖やかぼちゃ、根菜類、味噌などで、陰は白砂糖、牛乳、葉もの野菜などです。

だけど、もちろん陽性のものばっかり食べるというわけにもいきませんよね。大丈夫です、陰性のものでも調理方法や食べ方で陽性に転じることができます。一番簡単な方法は陽性のものと一緒に食べることです。白砂糖の入った甘いスウィーツなどをどうしても食べたい時は食事の後のデザートとして楽しんじゃいましょう。運動をして体温が上がった後に疲労回復もかねて、というのも良いですね。

陰性の食品でも火を通せば身体を冷やす作用は弱まるので、たとえばお豆腐は冷奴ではなく湯豆腐や暖かい汁もので頂き、野菜類もサラダではなくおひたしや炒めものにしましょう。逆に日本酒などのアルコールは陽性ですがキンキンに冷やしたり氷を入れたりすると身体を冷やしてしまうので出来る限り常温か熱燗で我慢してくださいね。

お手軽に利用出来るので私が重宝しているのは調味料や香辛料です。有名なのは生姜や味噌、そして七味でしょうか。みりんや醤油に生姜をたっぷりと加えたタレを作りおいておけば焼いたお肉にかけるだけで美味しい献立となります。生姜をスライスして天日に干し、それを熱々の紅茶に黒砂糖と一緒に入れて飲めば身体がぽかぽかとしてきます。七味も色んな料理の上に最後にトッピングするだけでお手軽に身体を温めることが出来ます。私はみそ汁にちょっとだけ入れるのがオススメです。

発酵食品も陽性の食品です。ご飯を作る気力がないときは納豆ご飯に味噌汁という献立に決めています。飲む点滴とも呼ばれている甘酒は朝に食欲のない時に便利ですよ。ほんのりとした甘さに元気が出ます。私は市販のものに生姜を加えて飲んでいますが、友人はスーパーで酒粕を買って手作りをしているそうです。はちみつと生姜をくわえて自分好みの味に出来るのが良いんですって。

陽性のものを出来るだけ多目に摂取すると、血流量が増えてじっとしている時の体表温度が高くなるそうです。また、いったん冷えてしまっても体温がまた上がりやすい身体になることが出来るそうです。冷えたらお風呂にでも入らない限りそれっきりの冷え性さんにとっては憧れの状態ですよね。まずは出来るところから始めてみて、ぽかぽか体質をめざしたいものです。

Read More