冷え症と胃腸の関係

冷え性で悩んでいらっしゃる某人気漫画家さんのエッセイにこんな場面がありました。冷え性の相談で通院した彼女をお医者さんは『貴女は胃腸が弱っていて消化吸収がきちんと出来ていませんね』と診断します。それに対しての彼女の返答は『自覚ないんですけど……朝から牛丼を食べたりするし』というものでした。実際彼女は料理上手の健啖家なのです。

私もこれと似たような会話をしたことがあります。貧血の相談をした私に女性のお医者さんが『あなたはどうも胃腸が弱いみたい、ちゃんと食べてる?食欲はある?』と聞いてこられたので『はい、三食しっかりと食べてますよ』と答えたのです。お医者さんは首を傾げました。私も首を傾げました。だって、今まで熱がある時以外に食欲がない時なんてなかったのですから。

『そう、それでこの状態ならば胃腸が弱くて栄養がちゃんと吸収されていないってことだわ。胃薬もだすけど、食事の時にきちんと噛んでね。ひとくちにつき30回くらい』
『ええ……でも、それだと食事にすごく時間がかかっちゃいますね』
『その分、量を減らせばいいのよ』
『え、ご飯減らすのは嫌です!』

この時のお医者さんのポカンとされた顔は今思い出しても恥ずかしいですが、私としては真剣でした。だって、食べることが大好きなのです。そんな私が何故、貧血なのかと常々不思議ではありましたが、どうやら自覚無しに胃腸が弱っていたことが原因だったようです。言われてみれば、快調なお通じの日が少なく便秘や下痢の状態の日が多いことにも気がつきました。

漫画家さんと私の胃腸が無自覚で不調な原因は冷えでした。触ればひんやりと冷たい私のお腹のなかの胃腸は知らないうちに弱っていて栄養を吸収しにくくなっていたのです。胃腸は身体のなかでも冷えの影響を受けやすい臓器で、そのために日常的に便秘と下痢を繰り返しすこととなっている人は多いようです。

また、私は自覚有りの冷え性ですが、世の中には『隠れ冷え性』と言われる人もいます。このタイプの人は手足の冷えが無く、むしろポカポカしている人が多いのです。そのため自分は冷え性ではないと思っているのですが、実は身体の奥――特に、胃腸に冷えが溜まっている場合があります。

胃腸の冷えは、お通じを不調にさせるだけでなくひどいコリも起こします。私のようにせっかく栄養を摂取しても、吸収が悪く貧血気味になりやすい女性にとっては恐ろしいことに、シミやシワの原因になったりもします。また、胃腸は身体の免疫にも重要な役割を担っているので風邪や感染症、アレルギーになりやすくなってしまいます。

手足は冷えないけれど自分ももしや隠れ冷え性なのでは、と思った人は朝にその確認をしてみましょう。朝、目が覚めたらすぐにお腹と太ももを手で触って温度を確かめ、次にそれを脇の下の体温と比べてみましょう。ひんやりとしていたり、それ程ではないにしても脇の下よりも体温が低いようでしたら胃腸が冷えている可能性が大きいと思って間違いありません。さっそく冷え性の対策をしてください。

Read More

カフェイン大好き人間にはしんどい選択

朝は苦手という冷え性さんは多いでしょう。私も低血圧であることも相まって、なかなか頭がしゃっきりとしません。朝だけでなくお昼休みの後の1時~2時までの間も魔の時間帯です。まぶたが重くなり眠くてたまらなくなります。恥ずかしながらパソコンのモニターに額をぶつけそうになったこともありました。そんな時にはやっぱりコーヒーに頼ってしまいます。気がついたら1日に5杯以上飲んでしまう時もありました。

もちろんよく言われている通り、冷え性さんはコーヒーの摂取は避けた方が良いようです。コーヒーに含まれているカフェインが身体を冷やしてしまうからです。だけど、コーヒー好きで脳の覚醒をカフェインに頼っている私にとっては、完全に摂取をやめるというのはなかなかしんどいものがあります。しかも、最近ではどのコンビニでも美味しいドリップしたてのコーヒーを販売しているのでついふらふらっと手に取ってしまうのです。まあ、これは私の意志の弱さのせいですが……。

冷え性さんでもコーヒーを身体に害なく飲む方法はないのかなあ、と今回色々調べてみました。すると一概にカフェインが冷え性に悪いとも言えない、という意見もいくつか見つけました。むしろ、適量ならば冷え性の改善に効果がある、と言っている人もいます。その根拠はカフェインが身体の末梢血管を広げてくれるというところです。冷え性さんは大抵手足が冷えているもの。末梢血管を広げて血流が良くなるのはありがたい話ですよね。

結局は飲み方なのだなあ、と思います。もちろん、妊婦さんや胃腸が悪い方等はカフェインの摂取を完全に控えた方が良いでしょうが、そうで無い場合は飲み方を工夫すれば冷え性さんでもむしろプラスの効果を得ることが出来るのではないでしょうか。調べてみた結果から、冷え性の人がコーヒーを飲む時に注意したいことをいくつか考えてみました。

まずはノンシュガーで飲むこと。コーヒーに入る白砂糖は身体を冷やしますのでなるべくブラックかミルクのみにしましょう。次はアイスではなくホットで飲むこと。どうしてもアイスコーヒーで飲みたい時でもさすがに氷は我慢しましょう。そしてお腹が空いている時には飲まないこと。コーヒーには胃液を分泌する作用があるんだそうです。胃が空っぽの時に胃液の分泌を促すと胃壁が荒れがちになるので、ただでさえ胃腸が弱りやすい冷え性さんは食後、もしくは何か食べ物と一緒に摂取しましょう。

最後にがぶ飲みせずに1日の摂取量を控えること。これは私にとって耳に痛い話ですが、カフェインには軽い中毒性がありますし、過剰な摂取はやはり身体を冷やしてしまいます。せっかくの効果を有効に利用する為にはやはり自分の欲をコントロールして適量の摂取をすることが大事なのですね。あの味が好きなので毎食後に必ず飲みたい!と我慢出来ない人は1日のうち、眠気を覚ます必要のない時間はノンカフェインのコーヒーで代用してみましょう。

ノンカフェンのコーヒーの代表格はたんぽぽの根を原料とした『たんぽぽコーヒー』でしょうか。何度か飲んだことがありますが、味と香りは普通のコーヒーに引けはとらないと思いました。コーヒーの香りにはリラックス効果があります。一杯一杯を大切に味わってコーヒータイムをリラックスの時間にするということも、ストレスをためがちな冷え性さんにとってコーヒーの有効利用と言えますね。

Read More

冷え性さんにおすすめの甘いものの食べ方

食べ物には身体を温めてくれる陽性のものと冷やしてくれる陰性のものがあります。どちらが良いというわけではなくて、ふさわしい時期に適切な量を摂取するのが大切なんです。ただ、冷え性さんとなるとちょっと事情が違ってきます。健やかな人ならば暑い時には身体を冷やす食べ物を食べて体温を下げても良いのですが、血行が悪く手足が冷えている冷え性体質の私達は出来るかぎり陽性のものを摂取した方が体質の改善につながるのです。

そんな身体を冷やす陰性のものの代表として、よくあげられるのが白砂糖です。白砂糖はほとんどのスウィーツに入っていますので、冷え性改善を目指す人はなるべく避けなければなりません。ただ、冷え性とはいえ甘い物を完全にシャットダウンするのは、特に女性にとってはつらいことですよね。仕事場でどんなに嫌なことがあってストレスが溜まっていても、あまいクリームをひとさじ口に入れれば幸せな気分になってしまうというのが女というものなのですから。

でも、安心してください。白砂糖を使わず充分甘いものを楽しむことは出来るのです。頼もしい助っ人は黒砂糖、てんさい糖、ハチミツなどの甘味料です。同じ甘味料でも黒砂糖、てんさい糖は身体を温める陽性、ハチミツはその陽性と陰性の中間の食品なのです。これらと、果物や芋、野菜を利用すれば身体を冷やさず、でもしっかりと甘い立派なスウィーツを作ることが出来ます。

では、簡単なスウィーツのレシピをご紹介します。まずはさつま芋の茶巾です。蒸したさつま芋をつぶして、少しのコンデンスミルクとシナモン、そして黒砂糖もしくはハチミツを混ぜます。それをサランラップで包んで茶巾しぼりに形を整えたあと170℃のオーブンで表面がきつね色になるまで焼けば(大体5~8分くらいです)できあがりです。さつま芋の素朴な天然の甘さがたまりません。

豆乳と卵とハチミツにパンをつけこんで焼けばヘルシーなフレンチトーストになります。上に砕いたナッツを乗せれば香ばしくて栄養度があがりますし、プレーンヨーグルトを添えるとさっぱりとして朝食向けです。お菓子を作る時間が忙しくて作れないという人は手軽な飲み物はいかがでしょうか。紅茶に生姜と黒砂糖を加えた生姜紅茶は冷え性さんにぜひオススメしたい飲み物です。これにくず粉を加えれば保温効果でますます身体があたたまります。

ただ、確かに白砂糖は身体を冷やす作用の強い食品ですが、だからといってどうしても甘いものを食べたい時は無理な我慢をせず、ほんのちょっとだけ食べてみても良いかもしれません。かく言う私もずっと我慢をしていたケーキをある日、ほんの少しだけ食べてしまったことがあります。以前はぱくぱく食べていましたが、体質が少し変わっていたのか、その小さなケーキの甘みで充分満足して癒されました。食べすぎさえしなければ、ストレスを溜めてしまうよりはほんのちょっとだけ自分に許してあげる日を作ってみても良いのではないでしょうか?

Read More

筋肉は身体のポンプ!鍛えて血行を良くしよう

冷え性改善のために某ブートキャンプを半年間続けて効果を感じた私はもっともっと筋肉をつけたくなりました。筋肉が増えた割りには手足の冷えがまだ少し続いていたというのもあります。一緒に鍛えた友達は筋肉が増え冷え性がかなり改善したので方向としては間違っていないはずだ。きっと鍛え方が足りないんだと思ったんです。身体の熱は食事からの栄養の他に筋肉でも作られます。運動が足りないと筋肉量が減り冷え性がひどくなってしまうのです。

調べてみたところ、冷え性を改善するのにもっとも大切な筋肉は下半身の筋肉だということでした。特に足の筋肉は『第二の心臓』と呼ばれるくらい血行に影響を与えていますので、冷え性さんはぜひ鍛えたいところです。出来るかぎりこまめに歩いたり、苦手でなければスクワットなどを日課にするのも良いようです。スクワットによって下半身の余分な脂肪を落とし、代わりに引き締まった筋肉をつければそれがポンプの役目をしてくれて血の循環を助けてくれるのです。

個人的にダンベル体操もオススメします。これは毎日20分程続けるだけでゆるやかに筋肉がついていきます。私は百円ショップで購入した1kgのダンベルを利用していますが、重さは人それぞれ合ったものがあるので自分で直接選んでください。手にもってゆっくりと二回ほどふってみて、少し重いかな、と感じるくらいが適切なのだそうです。服装は動きやすいもので行ってくださいね。私のようにダンベルを落っことしたりしないようにくれぐれも注意してください。


本格的で効果な筋トレ器具を揃えたい!だけどお金がない!そんな方はスルガ銀行の金融サービスを利用するのはどうでしょうか?

スルガ銀行は、静岡県沼津市に本店を構える日本の地方銀行の一つです。主要な営業エリアは静岡県、神奈川県ですが、実店舗は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡などの5大都市圏にも展開しており、全国に多くの顧客を持っています。また、スルガ銀行は、インターネットバンクとしての評判も高く、ネットバンクのランキングサイトなどでは上位に名を連ねることが少なくありません。
引用元:スルガ銀行カードローンの審査に通るには

スルガ銀行という名前を聞いた事がない!そんな方でもこの情報を目にすれば安心して利用できますよね。選択肢の1つとして参考になさってください。

ただ、ダンベル体操ですと上半身にくらべて下半身の引き締まりがいまいちという人もいましたので、スクワットと一緒に行うのが良いかもしれません。ダンベルでは主に身体の中心である腹筋を鍛えることに集中しましょう。まず、ダンベルを両手に持ち腕をそろえて前方に伸ばします。そのまま扉を開けるように両腕を開閉してください。最初は5回くらいから。慣れてきたら1回の体操で10回程この動きをしてみてください。腹筋を鍛えるだけでなくバストアップも狙えますよ。

ひとつ注意しておきたいのは冷え性さんが運動を行う場合は、始める前に充分ストレッチ等をして身体をほぐしておく必要があるということです。身体が冷えているというのは血流に問題があって筋肉も冷えてかたまってしまっている状態なのです。いきなり動かしたらかえって筋肉を痛めてしまう可能性もあります。入浴して身体を柔らかくした後に行うのも良いですね。夜、眠る前に行えば身体がぽかぽかして良質な睡眠につながるでしょう。

とにかく大切なのは毎日少しでも続けることと、楽しんでやることです。運動がかえってストレスになってしまってはただでさえ自律神経の弱い冷え性さんにとっては意味がありませんからね。私は、ブートキャンプを友達とやっている間は苦しかったけどとても楽しかったです。皆で楽しんでいたからこそ半年続けられて効果もあったように思えます。仲間を巻き込んでにぎやかにお祭り感覚で行えば運動が苦手な冷え性さんでも楽しめるのではないでしょうか。

Read More