自分の身体を愛していけば冷え性は直る!

今まで、冷え性で悩んでいる人を何人も見てきましたが、なんだか真面目な性格の人が多いなあと感じています。仕事には真面目に熱心に取り組む、残業も厭わない、でも、家事もしっかりやっていてお昼はちゃんと手作りのお弁当持参という女の子が冷房に身を震わせている姿をよく見る気がします。そんな良い子なのに、話をしてみると意外と自己評価が低い場合が多いのです。今の私じゃ駄目だ。もっともっと頑張らなければ、と自分で自分を追い立てているようです。

そういう性格はもちろん美点でもあります。でも、冷え性の原因となっているのがこの性格に由来するものではないかというのも、私は、最近確信しているのです。こういう人達は真面目すぎて少々自分の心も身体もいじめすぎているのではないかしら、と感じています。

真面目で一生懸命に生きていくとどうしてもストレスが溜まります。ストレスが溜まると自律神経の乱れが起こってしまいます。また仕事に熱心に取り組むあまり食生活が乱れたり、眠りが少なくなってしまうという場合もあります。言葉は悪いのですがこういう女の子たちはリラックスしたり、生活にメリハリをつけたりするのがちょっぴり下手なようなのですね。

冷え性を改善するためには様々な方法があります。運動も大事だし、食べ物も大事。漢方薬などのケミカルな方面からのアプローチだって大切です。でも、最も重要なのは自分で自分の身体をちゃんと愛していたわってあげることではないかと思うんです。

真面目な人は完璧主義者でもあります。そういう人は自分のだらしなさをゆるしません。ちょっとしたミスでも悩んで思いつめてしまいます。その厳しさが過剰なストレスを引き起こし、血行を乱して身体を冷やしてしまっているのではないでしょうか。もっとゆるんだ気持ちで生きても良いのではと思います。誤解をしないでいただきたいのですが、これはいいかげんに生きるというのとはちょっと違いますよ。

完璧でなくったって、少しぐらい怠けたって大丈夫、と自分を許してあげてはどうかってことなんです。失敗したって大丈夫、自分の全てが駄目なわけではない、と思ってみてください。自分で自分を小さなことでも褒めてあげてみてください。出来れば、毎日自分を褒めるひとこと日記などを作ってみてはどうでしょう。要は自分も捨てたもんじゃないわ、と考えることです。そうすることで緊張は緩和されてストレスも減り、身体と心のバランスが整ってきます。

でもそんな事を言われたって、今更性格は変えられないわという方もいらっしゃると思います。そういう方は身体の方からゆるめていきましょう。簡単な運動や呼吸法、お風呂でのマッサージなどを冷え性改善のためだけでなく自分が楽しむために行ってみましょう。楽しい気持ちでいる時間が増えることは、結果的に冷え性改善へつながるのだと私は思います。冷え性だということは確かにしんどいけれど、ゆったりとした気持ちでつきあっていきましょう。いつかは絶対に良くなります。