夏だけど冷え性さんは油断しちゃだめ!

冷え性の人は冬になると対策を色々と考えて身体が冷えるのを防ごうとします。反対に夏という暑い季節にはついつい気を抜いてしまうという人もいらっしゃるでしょう。しかし、そこで油断してはいけません。たとえ夏でも今の社会では身体を冷やす危険がたくさんあります。むしろ、夏の過ごし方で冬の冷え性の度合が決まると言っても過言ではないのです。夏の生活で冷え性さんが気をつけなければならないことをお話します。

この湿度が高い日本の夏、特に都会ではエアコンは必需品です。設定温度が自由に調節出来るような仕事場だったら、寒さを感じない温度にしておけば良いのですが大抵の会社ではスーツ姿で暑がりの男性に合わせて温度を設定しています。そのため、女性にとっては冷えすぎてつらいという環境になる場合が多いのです。その場合は服装や小物で対策を取りましょう。服装が自由な職場でしたら、下半身を冷やさないようにボトムはパンツがロングスカートが良いでしょう。一枚では寒いようならば下にレギンスを履いておきましょう。

制服が決まっている場合は小物を利用して身体を温めてください。デスクワークの時には膝掛けをかけて下半身を、夏用のカーディガン等を用意して上半身を守りましょう。また薄手のスカーフを一枚持っておくと便利です。もしもエアコンの冷風が首にあたるようでしたらさっと巻いて冷えるのを防いでください。首筋の冷えは全身を冷やしてしまいますので要注意です。とにかく血流を良くしておくのが大切なので、下着や靴なども出来れば締め付けの少ないものにしてくださいね。

夜は冷房で冷えた身体を温めるために、きちんと湯船につかりましょう。夏だから熱いお風呂には入りたくない、とシャワーだけで済ます人もいますが、それでは疲れがしっかりと取れません。また、いくら気温は高くともエアコンのなかで一日仕事をしていた人は身体の芯に冷えが凝っています。おすすめは身体の胸のあたりまでつかる半身浴です。その場合お湯の温度は38℃~40℃のぬるめの方が良いでしょう。20分程ゆっくりとつかって冷えを汗とともに流してください。

そんなに長い間、お湯につかっているのは退屈だという人はお風呂のなかにお楽しみグッズを色々持ち込んでみてください。私のオススメはアロマオイルの入った入浴剤と、大好きな作家さんの短編集です。心地よい香りはリラックスさせてくれますし、短編集ならばひとつのお話を読み終わる頃にちょうど20分程の時間が経っているからです。友人はお風呂のなかで簡単なマッサージやストレッチをして楽しんでいるそうです。

湯上がりには冷たい飲み物をごくごくと飲みたいところですが、そこは冷え性さんは我慢しましょう。出来れば常温のお茶やミネラルウォーターがオススメです。だけど、暑い外に長時間いた時やお友達とのお出かけ等の時にはどうしても冷たいものを飲みたい時がありますよね。そういう時は思い切って美味しくいただいちゃいましょう。過度に飲みすぎさえしなければ、ストレスが溜まる方が良くないのでたまの息抜きだと思って楽しんでください。

Read More

冷え症人間にとってつらい冬の夜と朝

日本の四季の風景は綺麗で大好きなのですが、冬だけはどうにも苦手です。寒くてだるくて何もやる気が起きなくなってしまい、子供の頃はいっそ熊のように冬眠出来たらなあ、なんて思っていました。もちろん、成人したまっとうな社会人?としてはそんなことを言ってはいられないので、コツコツといろんな情報を集めて毎年何とか乗りきっているのですが。

冷え性さんにとって冬の夜にちゃんと眠れるかは結構深刻な問題ですよね。手足の冷えのせいでなかなか寝つけなかったり、夜中に目がさめてしまう人は多いのではないでしょうか?私も以前はそうでした。お風呂からあがってすぐお布団に飛び込んだり、コタツやストーブで足を温めてから眠ったりしても足の温度はすぐ下がってしまっていたのです。

今でも冷え性で足は冷えがちですが、数年前にあるものに出会い、また、就寝前にあることを行うことで朝までぐっすりと眠れることも多くなりました。そのあるものとは、冷え性さんの必須アイテム(と言っても良いと私は思っています)湯たんぽです。就寝時刻より前にお布団に入れておけば、いざ眠る時にはお布団がぽかぽかです。足を布団に入れた瞬間のホッとする気持ち良さはたまりません。

寝付く前に湯たんぽを布団のなかで移動させて、お腹等の身体の冷えているところ温めるのも良いですね。私は形が可愛いので昔ながらの小判型でポリ性の物を使っていますが、友人愛用の柔らかな素材で作った湯たんぽもとても気持ちの良いものでした。身体の線に柔らかくフィットしてくれるので乗せた足が包みこまれたような感触があります。

湯たんぽでお布団と身体を温めるとともにもうひとつ就寝前に行っていることがあります。足のオイルマサージです。小さじ一杯程のオイルを掌で温めたあと足全体に塗り込めるようにしてマッサージをします。血行が良くなって最初はひんやりしていた足がぽかぽかとしてきます。決まった手順はありません。好きなように足の指をひっぱったり回したり、裏をツボ圧しグッズで刺激したりしてみてください。私はオリーブオイルを使っていますが、アロマオイルを使えば香りも楽しめます。

冬の朝はこれまた冷え性さんにはつらいものす。せっかくヌクヌクとしているお布団から出たくはありませんよね。でも、上にも書きましたように私達は良い大人。根性で起きあがらなければなりません。私は自分専用の電気ケトルを買って枕元のテーブルに置き、朝、すぐにお湯が沸かせるようにしています。そうして起き抜けに少しの塩を加えた白湯を一杯ゆっくりと飲むのです。

白湯を飲むと身体が温まります。また、聞いた話では朝一番に白湯を飲むと老廃物の排出が高まりお通じも良くなるそうです。白湯ではものたりないなあという日は眠る前にケトルと共に乾燥生姜ひとかけと黒砂糖を用意して簡単な生姜湯を作るのもオススメです。生姜の香りと黒砂糖の甘さが低血圧をしゃっきりとさせてくれて今日も一日頑張ろうと思えます。

Read More

カイロでポイントをついて身体を温める

寒い時にはやはり重ね着をしてしまいます。でも気をつけないとそれがかえって身体を冷やしてしまう場合もあるのです。最近はどこに行っても暖房がきいているので、外用の厚着のままでいると汗を掻いてしまうのですね。理想的なのは上半身より下半身を温める着こなしです。上半身は前開きの服やマフラー、ストール、帽子などを利用して温度調整をしやすくしておくとどんな暖房環境でも対応出来て便利です。私はストールを外用、内用の二枚持ち歩いて使い分けています。

素材は吸湿性、保温性の高いシルクやカシミヤ、アクリル、ポリエステル等が良いようです。身体にフィットした服よりは少し余裕のある形のものの方がおすすめです。そうすることで、身体と服の間に暖かい空気の層が出来て防寒効果が高まります。また、冷え性の人は血流が滞りがちなのであまりきついサイズは避けた方が良いというのもあります。そして、もうひとつこの着こなしの良いところは体型のカバー効果もあるところです。そんなこと考えるのは私だけかもしれませんがね。

洋服の下のインナーにもこだわりましょう。最近では汗を吸収して発熱する種類のインナーが数多く出回っていますのでぜひ利用してください。下半身を温めた方が良い冷え性さんにはスパッツは必需品ですね。その上のボトムは出来れば長めのスカートやズボンが良いのですが、会社に制服があるからどうしても短いスカートをはくしかない、という人もいますよね。

そういう人は許される環境ならば、ですが、レッグウォーマーを履いてみてください。足首を温めるだけで随分と違ってきます。靴はやっぱりすっぽりと覆ってくれるブーツが最適です。ただ足首を締め付けるものはかえって血行が悪くなるみたいなので要注意です。

重ね着をしても寒いという私みたいなひどい冷え性の人は、携帯カイロを利用しましょう。下着にぺたっと出来る貼るタイプのものがオススメです。貼る場所にもポイントがあります。私がまずオススメするのは足のつけ根。冷えやすい下半身の血行が良くなってあのつらい太ももの冷えがかなり楽になります。他には肩甲骨の間と背中側のウェストのちょっと下あたりです。肩甲骨の間に貼れば肩こりと手の冷えが防げますし、また、ここは風邪を防ぐにも効果があるツボだそうです。

ウエストは、特に生理中にオススメします。冷え性の人で生理痛がひどい人は多いですよね。腰を温めて血行を良くすれば子宮や骨盤の血行も良くなって痛みがやわらぎます。また、お腹も温まることで冬に起こりやすい冷えからくる下痢も防ぐことが出来るのです。私は毛糸の腹巻を利用して更に温めています。カイロをいれるポケットもついているので、温度を調整出来て便利です。毛糸だともこもこしているから、という人は薄手の生地のアウターに響かないおしゃれな腹巻もありますので探してみてください。

最後になりましたが、いくら寒いからといってカイロを貼ったままお布団で寝てしまうのはやめておきましょう。低温火傷になってしまう恐れがあります。また、これも私だけかもしれませんが布団とすってカイロをやぶいてしまってひどい状態になる恐れもあります……。眠る時はやはり湯たんぽですね。最初にお腹や脇の下を温めてから足元に設置すると全身が温まって寝付きの悪い冷え性の私でもぐっすりと眠ることが出来ます。

Read More

信じてなかった靴下の効果

冷え取り靴下は今や冷え性さんの間にすっかり広まっているようです。でも実は、私自身は試したことはありません。というのも、自分の冷えは靴下では防げないし治らないと思っていたのです。学生の頃は靴下を2枚、社会人になってからは恥ずかしいのを我慢してストッキングの上にくるぶし丈の靴下を重ねてはいていたのですが、足先はいつも感覚がなくなる程冷えていたからです。

だけど、冷え取り用の靴下というのが思っていたものとちょっと違うということを、先日冷え性仲間の友人に教えてもらいました。憧れの女優さんが使っているものと同じ冷え取り用の靴下を購入して使ってみたところ、ばっちり効果があったと彼女は笑顔で教えてくれたのです。

ご存知の方も多いでしょうが冷え取り用の靴下は4枚重ねてはきます。1枚目には絹の5本指靴下、2枚目は木綿、もしくはウールの靴下、3枚目は絹の先丸靴下、最後にそれらをカバーするように綿もしくはウールの先丸靴下を履くという順番です。最近ではブームのおかげでセットになって売られているものも多いので薬局等ですぐに手に入ります。

ここで重要なのは素材が、絹、木綿、ウールであるということです。これらはどれも吸湿性、保温性に優れた素材です。重ね履きをすることで温かい空気の層を作って身体を温めつつ、汗とともに老廃物を排出するという仕組みなのですね。これを実践した友人はいつも下半身が冷えていたのがだんだんと改善されてきているそうです。

不思議なことは履き始めてすぐに一番下の絹の5本指靴下に穴があいてしまったことだそうです。お風呂以外はほぼ一日中履いているということなので、摩擦が原因じゃないの?と私はたずねたのですが、それは違うと彼女は言いました。絹はその吸湿力の強さで体内の毒素を汗とともに吸収してしまうので、そのためにすぐ穴が空いてしまうんだそうです。

更に不思議なことには靴下のどの部分に穴が空いたかで身体の悪い部分が判明するのだそうです。これには人体にある『ツボ』が関係あります。足のマッサージをしたことがある方は、痛さに呻き声をあげたら、すかさずマッサージ師さんに『ここのツボが痛いということは●●が悪いんですよ』などと言われたことはありませんか?

このように足には全身に通じている重要なツボがたくさん集まっています。そのなかのどこから多く毒素が排出されたかで身体の状態が判断出来るのですね。消化器の場合は親指の外側や足の甲、婦人科系はかかとや小指、土踏まずは腎臓などなど、本当にたくさんのツボがあります。

友人は履き始めて一週間で足の甲と親指に穴が空きました。どちらも消化器系の不調を表す部分です。確かに彼女は胃腸が悪くて少食なタイプなのです。このまま、冷え取り靴下を履き続けて毒の排出が進めばその症状も徐々に改善されていくのだととても楽しみにしています。今まで信じてはいなかったのですが、彼女の随分と良くなった顔色を見ていると私も試してみようかな、とちょっとうずうずとしています。

Read More